障害等級取得とは

交通事故後遺障害は、障害の度合いによって保証額の相場が大きく変動します。そしてこの相場を少しでも上げたいと考えるときポイントになるのが、障害等級の取得です。障害等級とは、障害度合いを1~14級に分類したものとなっており、第1級に近づけば近づくほど状態は重篤とみなされ、より高額の慰謝料請求に繋げられるようになります。ですがこの分類は、何となくの感覚で判断できるものでもありません。正規の手続きをしっかり踏んで、法的に効力を有する事実として取得する必要があります。いったい、どういった流れで取得するのでしょうか。

病院まずは、症状固定の決定準備をおこないます。症状固定に至ると、担当医師に後遺障害診断書を発行してもらえる状態となります。これにより、障害の状態を明確にすることができます。とはいえ、診断書が出たからといってまだ油断はできません。次に、この後遺障害診断書を保険会社に提出します。すると保険会社は、またさらに損害保険料率算出機構という別の機関へと送付をおこないます。この段階において、後遺症審査がおこなわれ、障害等級の確定がなされます。この作業が完了したら、ふたたび結果が保険会社を通して被害者に送り返されます。これが、障害等級取得の流れです。