心強いサポート

弁護士前述の障害等級取得の流れをみて、どのように感じたでしょう。きっと多くの人は、踏むべき段階が多く面倒に思ったことでしょう。さらには、大ケガをして心身ともに滅入っている状態も考えられるため、なかなか細部まで気が回らないことでしょう。かといって適当にやってしまうと、思わぬマイナスな結果にも至りかねません。

そこで心強い存在となってくれるのが、交通事故問題に強い弁護士です。法律のプロフェッショナルにして、あなたの代理的立場になりながら、手続きをサポートしてくれます。また、障害等級は弁護士基準で取得した方がメリットとなります。これにより、受け取れる慰謝料の相場が結構高くなるためです。安心感と同時に、賠償請求をより充実させる上でも、弁護士に相談しない手はないといったところなのです。

また、一度の等級取得や損害賠償請求でかならずしも納得がいくとは限りません。障害の重さを感覚的に理解できるのは、障害を被った被害者自身だけです。医師や加害者の思っている以上の負担を感じているなら、そう簡単に受け入れるわけにいかないでしょう。そんなときも、弁護士は頼りになってくれます。保険会社に異議申し立てをおこない、金額変更に期待が持てます。大変な状況でも、きっと安心感を与えてくれるに違いありません。交通事故に遭ったら、まず弁護士に相談しておくべきでしょう。

障害等級取得とは

交通事故後遺障害は、障害の度合いによって保証額の相場が大きく変動します。そしてこの相場を少しでも上げたいと考えるときポイントになるのが、障害等級の取得です。障害等級とは、障害度合いを1~14級に分類したものとなっており、第1級に近づけば近づくほど状態は重篤とみなされ、より高額の慰謝料請求に繋げられるようになります。ですがこの分類は、何となくの感覚で判断できるものでもありません。正規の手続きをしっかり踏んで、法的に効力を有する事実として取得する必要があります。いったい、どういった流れで取得するのでしょうか。

病院まずは、症状固定の決定準備をおこないます。症状固定に至ると、担当医師に後遺障害診断書を発行してもらえる状態となります。これにより、障害の状態を明確にすることができます。とはいえ、診断書が出たからといってまだ油断はできません。次に、この後遺障害診断書を保険会社に提出します。すると保険会社は、またさらに損害保険料率算出機構という別の機関へと送付をおこないます。この段階において、後遺症審査がおこなわれ、障害等級の確定がなされます。この作業が完了したら、ふたたび結果が保険会社を通して被害者に送り返されます。これが、障害等級取得の流れです。

重篤なケースについて

後遺障害が残るともなれば、かなり重篤なケースが想像できるでしょう。ですが、だからといって決して珍しい展開でもありません。自動車事故は、それだけ大きな衝撃を伴うものであるためです。安全運転を心がけていても、ハンドルを握っているのは人に他なりません。いつ注意緩慢になったり、ハンドル操作を誤ってしまうか分からないのです。疲れていてつい、景色に気を取られていて、などなど、あらゆる条件が重なって事故へとつながってしまうかもしれません。その他、雨が降っている、道路が凍っている、街灯の少ない夜道など、環境が影響するケースも多いです。

怪我後遺障害と似た言葉に、後遺症というものがあります。使用されている文字からみても、近い意味合いのように思えますが、実際は似て非なるものです。混同しないように気を付けましょう。後遺症は、治療してもなお残ってしまう交通事故が原因のケガのことです。機能障害のほか、目に見えない神経障害であっても該当します。ですがこの後遺症の場合、慰謝料の対象にならない可能性もあります。

では、どうなれば賠償請求に期待が持てるのでしょうか。それこそが、後遺障害に認定されるかどうかです。後遺症の中でも、自賠責基準の等級定義に当てはまるもの、それこそが金銭の請求に繋がるケガとなるのです。

交通事故と慰謝料

慰謝料という言葉を聞いたことがある人は、少なくないことでしょう。これはいわゆる、苦痛に対する保証です。悪意の有無に関係なく、人に対し重大な苦痛を与えたとき、お互いの気持ちを収める意味でやりとりされるお金です。主には、物損や浮気・不倫、そして交通事故など、ジャンルは幅広いです。交通事故の際には、結構な割合で発生する存在となっています。今まさに問題に直面している人、そして現状問題はないながら、車を運転している人などは、知っておいて損はありません。

事故交通事故に関しては、特に慰謝料が重要となってきます。走行する車がぶつかって人や物を傷つけるわけですから、被害規模が結構大きいためです。それこそ、数千万単位に上る場合すらあるほどです。ですが、同じレベルの事故に遭った人が、かならずしも同等の慰謝料を受け取れるとは限りません。交通事故に巻き込まれてからの行動や、請求の仕方が影響してくるためです。車の事故ともなれば、ショックの大きさはかなりのものでしょう。特徴を押さえて、できる限り高額を手に入れたいものです。

交通事故の中でも、特に高額の慰謝料が発生するケースとして、後遺障害がみられるパターンが挙げられます。いっときのケガだけでなく、以降長年に亘り引きずり続ける問題となるため、慰謝料も多く発生すると判断されるのです。後遺障害が残ることは、決して良いことではありません。ですが生じてしまったからには、うまくアピールして多くの慰謝料をとらない手はありません。下記にポイントをまとめたので、ご参考ください。